高橋伴明

インタビュー

板谷由夏主演、明日、誰しもが置かれるかもしれない…コロナ禍の「社会的孤立」を描く問題作!

コロナ禍で職を失い、ホームレスになる女性を板谷由夏が演じる、映画『夜明けまでバス停で』。もしかしたら、自分も同じ道をたどる可能性もあるのでは?と身につまされるストーリー。2020年冬に起きた、幡ヶ谷のバス停で寝泊まりするホームレスの女性が突然襲われるという事件を元に、名匠・高橋伴明監督が「社会的孤立」を描く。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました